« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

【大谷大学ボランティア論】

今日はきたせい若手3名で
大谷大学の大原先生の「ボランティア論」の授業でお話させていただきました♪
いただいた時間はなんと1時間!私たちの緊張のしようといったら…(- -;)
約200名の学生さんたちの前でうちの協会の紹介や,
センターでできること,ボランティアの紹介を行い,
私たちにとっても本当に良い経験になりました☆

終了後には,センター利用者の女の子から
「今日はおつかれさまでしたー!私授業受けてたんですよー!
センターの職員さんやーって嬉しかったです!」
と声をかけてもらえました(^^)♪
今日のことが少しでもセンターを知るきっかけに
なってくれていたら嬉しいなーーーー(*^○^*)
Photo

2016年5月29日 (日)

環境教育って???

当センターの「こども自然体験クラブ」は,こどもたちが自然体験活動を通じて,自然や環境への関心を持ってもらうことを目的としています。そうした意味で,こども自然体験クラブはひとつの環境教育活動と言えますね。

ところで,「環境教育」とは何でしょうか?

オーストラリアで環境教育プログラムに携わってきたジョン・フェインは環境教育を,次の3つに類型化しました。

1.自然の中での体験学習などの「環境を通しての教育」

2.環境についての事実や概念を教える「環境についての教育」

3.知識や技能の習得、環境問題解決に向けた価値観の涵養や問題解決に資する行動への参加といった幅広い目標を含む「環境のための教育」

そして,3つ目の「環境のための教育」こそが重要であると主張します。

当センターの「こども自然体験クラブ」やその他自然や環境に関する事業でも「環境のための教育」の要素を取り入れていきたいですね。

2016年5月27日 (金)

研修その1

【野菜づくりから仕事に近づく~働きながら,働くことを学ぶ16週間~】

担当の大熊です。
本日5/27(金)は,このプログラムを構成する3つの要素のひとつ,【研修】の日。
初回は,「自分を知る」「仲間の事を知る」をテーマにしたワークをしました。
20160527_114108_863

「私は○○です」と互いに自己紹介することで,メンバーどうし「やっぱり,そうだよね」と再確認できる事と,「へぇそうだったんだ」という新たな一面を知ることができました。
また,「○○さんは,こんな人ですね」「○○さんは,こんな人だと思います」とコメントし合うことで,「そんな風に見えてたのね」「(私に)そんな面があったのか」と〝自分が知らない自分”について知ることもできたと思います。

20160527_123015_479

畑のプロジェクトは始まって2週間。まだまだ,出会ったばかりで,緊張感もあったりする関係性ですが,お互い&自分自身について,少し深く知ることなったと思います。

これから,一緒に活動する中で,もっともっと互いを理解して,いい仲間関係を築いていきたいなぁ,と思っています。

2016年5月26日 (木)

今日も草刈り,暑かった!

【野菜づくりから仕事に近づく~働きながら,働くことを学ぶ16週間~】

5/24(火)も暑かった…京都の最高気温が32.4度と真夏日。
畑のメンバーは,照りつける日差しにもめげず,ひたすら草刈り作業をしました。
Dsc_2890_blog

草刈り機にも,全員が挑戦。最初のうちは,なかなか思うように上手く刈れないけど,誰だって最初はそう。できないなりにやってるうちに,徐々に慣れてきた…かな。
Dsc_2884_blog

みんな頑張って作業をしたおかげで,ぼうぼうに草が生えているところは,いったん無くなりました。
Dsc_2880_blog
Dsc_2891_blog

このまま数日晴れてくれたら,トラクターを入れて畝をおこしてもらえそうです。

2016年5月25日 (水)

協会職員の研修会

本日は水曜日。青少年活動センターは休館日でした。
が、本日は年に一度の職員研修会の日。全事業所から職員が集まる日です。

午前中は普通救命講習を受け、心肺蘇生の方法や、AEDの使い方について学びました。
13256389_1197882333556602_542350774 13265869_1197882356889933_407214258

午後からは協会の今後について議論。
普段は各事業所に分かれていますが、こうやって全体で集まって議論すると、いろんな意見が出てきたり、新たな視点をもらったり、仲間に勇気づけられたりします。
13245341_1197882383556597_863050601

やっぱり、直接、顔を見て話すのは大事ですね。

2016年5月24日 (火)

佛教大学ボランティアフェスティバル

佛教大学のボランティアフェスティバルに参加してきました!
13237692_1197029146975254_691764003
ユースサービス協会はいろんなことをやってるので、『ここ、なんでもあるよー』という声かけからはじまります。

佛教大学がきたせいの近くということもあり、多くの人がきたせいの活動に興味をもってくださいました!

今後も大学のボランティア説明会に参加していく予定ですが、センターでも随時ボランティア説明を行っていますので、興味がある方はセンターへお問い合わせください(^^)

2016年5月23日 (月)

芽が出た!

【野菜づくりから仕事に近づく~働きながら,働くことを学ぶ16週間~】

担当の大熊です。 先週の火曜日に皆が種まきした,キュウリとスイカとホウレンソウの芽が出始めました!
13240748_1196558617022307_36718654613239307_1196558647022304_50838888913227081_1196558580355644_468074541

どうなるかな…と心配だったんだけど,ちょいと一安心。みんな,よかったねー!

大熊がその前の土曜日に蒔いたナスとピーマンは,ほとんど芽が出ず…
ナスが一株だけ…がっかり。
13230289_1196558660355636_455080593

めげずに,もうちょっと待ってみよ。

皆さん、どれがどれか、わかりますか?

草刈り真っ最中!

【野菜づくりから仕事に近づく~働きながら,働くことを学ぶ16週間~】

5/21(土)は草刈り機を使わずに,鎌で手刈り…。
高校生ボランティアのanちゃんが来てくれて,バリバリ作業を進めてくれました。
13226984_1195562740455228_693573408
まだ先は長いですが,頑張るしかない!

お昼には,1期メンバーのHくんが,バイト先で採れたタケノコを持って陣中見舞いに。
13239924_1195562703788565_158517892

「最後まで続けたら,絶対に達成感があるので。自分もしんどかったけど,このプログラムに参加してよかったです。皆さんもしんどいと思いけど,頑張ってください」とエールをくれました。ありがとう,Hくん!

作業の最後は,追加の種まき。トウモロコシ,トマト,オクラ,モロヘイヤ
,ゴーヤを蒔きました。
13238937_1195562747121894_701038590
13245300_1195562753788560_146491535

うまく芽が出てほしいなぁ…。

2016年5月22日 (日)

今年度のプロジェクトメンバーを募集しています!

今年度のプロジェクトメンバーを募集しています!
13254542_1195556280455874_902097491

“人生の大先輩”からこれまでの人生のお話を聴き,まとめ,世界で一冊の「伝記」を作成します。
「地域の図書館」と言われる高齢者のお話の中から,地域の魅力が見えてきます。それを書き残すことは
その地域にとって大切な財産となり,まちづくりにもつながっていきます。
地域のことや生活の知恵,さまざまな経験や体験などを聴くことで,今の自分の生活もまた違って見えてくるかもしれません。
普段はあまり関わることのない世代との交流は話し手,聞き手,両方にとって貴重な機会となります。

夏休み期間をはさんだ活動です。
興味関心のある人は,ぜひ一度,お問い合わせください。

■対象
京都市内にお住まいか,通学先または勤務先のある高校生年代~30歳までの方
■募集数
10名程度
■カリキュラム
研修①『記事の書き方』
 6/3(金)18:00~20:30
研修②『インタビューのしかた』
 6/10(金)18:00~20:00
交流会
 6/18(土)13:30~15:30
13267911_1195556407122528_419665941

インタビュー・取材期間(グループ毎に)
 6/20~7/15の間に3~5回程度
13221529_1195556410455861_656366562

中間報告会
 7/9(土)18:00~20:00
製本ワークショップ
 8/20(土)午後
13233083_1195556390455863_726583625

贈呈式
 9/11(土)13:30~15:30

詳しくはコチラ
http://ys-kyoto.org/kita/service/denki/

自習室!

学生さんはテスト期間のようで,最近自習室の利用が多いです!
13238932_1195625363782299_136337062

きたせいでは,自習室を登録制にし,カードを発行しているのですが,今日の時点で登録が83人!!
去年は400名程の方が登録をしてくださいました(^^

)きたせいの自習室は,京都市内に在住もしくは通勤通学先のある中学生~30歳までの方ならどなたでも使っていただくことができます。
是非ご活用ください♪

2016年5月19日 (木)

活動拠点を整備しました

【野菜づくりから仕事に近づく~働きながら,働くことを学ぶ16週間~】

これから9月中旬まで,週に3回行うプログラムがはじまりました!
初回の火曜日は,雨天のため,センターで土入れと種まきを!
Dsc08133

そして今日は,初畑!!
草を刈って,本部となるテントを立てました!
Fb
Fb2

これから数日は,畑をするための草刈り作業がメインになりそうです。
何事も準備が大切。ということで,暑さに負けないよう,がんばりたいと思います(^^)

2016年5月 7日 (土)

第5期メンバー募集!

【野菜づくりから仕事に近づく~働きながら,働くことを学ぶ16週間~】

今年もサポートステーションと連携した就労支援の農業プログラム(第5期)をスタートします!
約4ヶ月・16週間にわたり,土づくりに始まり,種まき,水やりなどを行い,イチから野菜を育てます。(今期は昨年同様,夏野菜を育てる予定です)
収穫した野菜は販売し,収入を得るところまで。一貫して作業を体験するので,自分の行動が,どう結果に結びつくのかが,とてもよくわかると思います。
夏場の農作業はけっこうハードですが…これまでに参加した若者の多くが,規則正しい生活リズムを身につけ,プログラム終了後には就労に向けた一歩を踏み出すなど,大きな変化がみられます。

【参加対象】
・働きたいという思いはあるが,継続して働くことができるかどうか不安に思う。
・農業に興味があり,16週間の農業体験が可能な体力がある。
(とはいっても,やってみないとわからないので…ちょっと自信がない人は,まずは単発参加や週1回程度からスタートできます)
・15歳から39歳までの一定期間無業の青少年
で,事前に若者サポートステーションに登録していただきます。

また,今年度は,プログラムの趣旨をご理解いただいた上で,就農や田舎暮らし・半農半Xな暮らし方に興味のある方(30歳まで)もご参加いただけるようにしました。

現在,第5期メンバーを募集中。
「新たな挑戦をしたい」「農業をしてみたい」,「周りに紹介したい若者がいる」という方は,ぜひ一度,お問い合わせください。

詳しくはコチラ
http://ys-kyoto.org/kita/yasai2016/

2016年5月 6日 (金)

【カフェピース】

ゆっくり話してもいいし,
ボードゲームで遊んでもいい。

だれでも来れる自由な場所

今年から毎月第2土曜日17時になり,
4月9日は初めての活動でした(^^)

みんなで楽しくおしゃべりして,時間はあっという間!

次は5月14日なので,土曜日ひまだなーと思う方はぜひ遊びにきてね☆


お問合せは,まずは京都市北青少年活動センターまで。 電話:075-451-6700

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ