【自然に親しむ事業】

2016年11月10日 (木)

水尾でゆず絞り・参加者募集開始!

お待たせしました。今年度第2弾の里山体験プロジェクト。

昨年に引き続き,今年も右京区水尾を訪問します。
水尾の柚子(ゆず)は千年以上前から栽培され,かつては御所に献上していた
ことで知られる,歴史ある地域です。秋になると柚子の香りがただよいます。
今回のプログラムでは,水尾ならではの「ゆず絞り」作業を体験し,集落内を散策したり,地元の方から山間地での暮らし・自然・農業に関するお話もうかがったりして,水尾の里の暮らしにふれたいと思います。

14956489_1337353549609479_630931838

14947401_1337352759609558_133809487

■日程
2016年11月26日(土)9:00集合,16:30解散
■行先
水尾地域(京都市右京,区)
■参加費
22歳以下 500円/23歳以上 800円
(昼食代,保険代を含む)
※別途,自治会バス運賃(片道250円)が必要です。
■対象
京都市内に在住・在勤・在学の高校生年代から30歳までの青少年
■定員
10名(先着順・実施2日前まで受付)

農山村の暮らしや農業に関心のある若者は,ぜひ。
一緒に行きましょう!

15027559_1337352766276224_761947738

15027956_1337353309609503_490082014

2016年7月21日 (木)

大文字山ナイトハイクでガイドをしていただきました

先日の「大文字山ナイトハイク」でお世話になった安田さん。

http://mainichi.jp/articles/20160720/ddl/k26/070/479000c

2016年6月26日 (日)

大文字山ナイトハイク参加者募集中!

大文字山は京都に暮らす人にとって最も身近に感じる山のひとつです。
市街地にも近く,豊かな自然と触れたり,五山の送り火など,昔から生活の一部に溶け込んでいるともいえます。
今回は,大文字山のことをとことん知り尽くした「大文字山を食べる」の著者・安田陽介さんに案内していただき,
植生について学んだり,山で暮らす野性動物の気配を感じたりしながら,昼間には見られない山の姿を感じます。
火床から見る市内の夜景は,とってもキレイですよ!
■日程
2016年7月2日(土)17:00集合,21時半頃解散
■行先
大文字山
■費用
22歳以下500円/23歳以上800円(保険代を含む)
■対象
京都市内に在住・在学・在勤の高校生年代から30歳までの青少年

詳しくはコチラ
http://ys-kyoto.org/kita/service/sizen/

2015年11月29日 (日)

水尾でゆず絞り体験!

11/28(土)高校生~社会人まで含めた6名で,水尾で柚子を絞ってきました!
集合場所は,保津川にかかる橋梁が駅舎となっていることで有名な保津峡駅。
愛宕山へ登るハイカーもたくさんおられる中,我らは自治会バスに乗って約10分で集落に到着しました。京都駅からJRで20分ちょい+バスで10分=乗換時間を合わせても約35分で来られるなんて,イメージよりも,ずっと近かったです。

集会所に着いたら,まずは地元の方からお話を伺いました。
この地には同姓の方が多いとのことで,皆さん,お互いに屋号(柚子農家さんは屋号を持っておられます)や下の名前で呼び合ってられるそうです。
絞り作業の進め方については,「説明するより,やった方が早いな」ということで,早速実践へ。
3人一組となって,
①コンテナから柚子を取りだす人(同じ大きさくらいのを2つ選ぶのがコツ)
②それを受け取って,絞り機にセットする人
③絞り機で絞る人
の役割で作業を進めました。
Img_9330_blog

最初のうちは,なかなかペースが上がらなかったのですが…手を動かしながら(作業),口も動かしている(雑談)うちに,だんだん息が合ってきて,どんどんペースアップしてきました。
Img_9346_blog

こういう作業は,黙って黙々とするのではなくって,何人かでワイワイ言いながらやる方が,相乗効果?で効率が上がるよう様に思います。
Img_9348_blog

午前中,約2時間の作業を終えると,ランチタイム。
メインは,地元の会長さんが「これでえぇか?」と目の前で引っこ抜いてくれはった,採れたての大根と九条ネギをたっぷり入れた特製豚汁。
会長さんも一緒に食べながら,水尾と言う地名の由来や,限界集落のこと,農家の現状などなど,いろいろなお話を聞かせていただきました。
Img_9336_blog

暖かい食事で元気も復活。
午後からの作業もハイペースで絞り…今日1日で約1,300kgの柚子を絞りました!すごい!
Img_9347_blog

絞り作業の後は,集落内の散策。
神社にある巨木に圧倒されたり,柚子畑の収穫の様子を見せてもらったり,農家の方にお話を伺ったりして,水尾の土地の雰囲気を少しだけですが,感じることができたかな…と思います。
Img_9386_blog
Img_9354_blog
Img_9361_blog

参加したメンバーからも,
「限界集落がこんな近くにあるって,初めて知った」
「近場だけど,新たな発見があった」
「自然が素晴らしく,移住したくなった」
などの感想がありました。

自然に親しむ事業では,今後も都市近郊の里山や農山村での暮らしや営みに触れるような機会を作っていきたいと考えています。

2014年11月14日 (金)

【自然に親しむ】参加者募集を始めました!

水尾の柚子(ゆず)は千年以上前から栽培され,かつては御所に献上していたことで知られる,歴史ある地域です。
秋になると柚子の香りがただよいます。
水尾の豊かな自然ときれいな空気の中で,農作業を体験しませんか?

(1)日帰りファームステイ体験~収穫から出荷までをお手伝い~
果樹栽培を営む農家で日帰りステイ。農作業を通して,どのように自然と付き合い,暮らしておられるのかをお聞きします。
①11/24(月・祝)9:00~16:30
 収穫の補助や運搬など,外回りの仕事を中心に体験します。
②12/7(日)9:00~16:30
 収穫した農産物の加工作業を中心に体験します。
参加費:①②とも22歳以下 800円/23歳以上 1,000円(自治会バス運賃,保険代含む)
 ※どちらか片方の日程のみの参加もできます。
 ※両日とも参加の方は,②を200円割引します。
定員:①②とも各6名(先着順)

(2)ゆず絞りボランティア体験
毎年この時期に恒例の「ゆず絞り作業」にボランティア参加+集落内を散策します。
地元をよく知る方から,暮らし・自然・農業に関するお話もうかがいます。
12/20(土)9:00~16:30
参加費:22歳以下 800円/23歳以上 1,000円(自治会バス運賃,保険代含む)
定員:10名(先着順)

対象:(1)(2)ともに京都市内に在住・在勤・在学の高校生年代から30歳までの青少年

_

2014年7月13日 (日)

【自然に親しむ/大文字山ナイトハイク】

台風が過ぎ,晴天に恵まれた昨日7/12(土),大文字山ナイトハイクを実施しました。
参加者は高校生~20代半ばまでの6名。「大文字山を食べる」著者の安田陽介さんのガイドで,人工林と自然林の違いや,ナラ枯れの状況を教えてもらったり,キノコの観察をしたり,西山に沈み行く夕日を眺めたりしながら,火床を目指しました。
Imgp7717_blog_2

カラスアゲハもいてました。
Imgp7721_blog
水辺ではサワガニ発見!

Imgp7724_blog_3

Imgp7726_blog

センチコガネ。名前の「センチ」の由来は「雪隠(せっちん)」だそうで。
Imgp7729_blog

ナラ枯れのこともお聞きしました。
Imgp7732_blog

ノボリリュウタケ。おもろい名前。
Imgp7736_blog

栗が小さく実をつけてました。
Imgp7738_blog

全長約15センチのナメクジ発見。ヤマナメクジ。でかっ。
Imgp7740_blog

金尾(かなわ:大の中心部分)についたのは,ほぼ日没直後の19時すぎ。
日が暮れるにつれ,ぽつぽつと灯りがともっていく様子を眺めながら,五山の送り火についても教えていただきました。
Imgp7742_blog

空を見上げると星もまたたき始め,木々の間からはお月様が顔を出しはじめたので,「そろそろ夕食にしましょか」と,食事タイム。
京都市内の夜景をおかずに,ぜいたくな食事タイムです。
Imgp7759_blog

しばらくすると,すぐ近くでカサコソカサコソと物音が・・・。
真っ暗な中,目を凝らしてみると,そこには,のんびりと草を食む小鹿の姿!
Imgp7743_blog

ガイドの安田さんも,「こちらを怖がることなく,数メートルの距離まで,鹿の方から近づいてくるのは珍しいなぁ」とのこと。
みんな,すぐ近くに野生の鹿を見て,テンションがあがりまくりました。
Imgp7756_blog

帰りは真っ暗な夜道を,懐中電灯をたよりに下山。汗だくになりましたが,なかなか心地よい汗だったと思います。

2014年7月 1日 (火)

【自然に親しむ事業/大文字山ナイトハイク参加者募集!】

夜の大文字山に登ったことはありますか?
大文字山の事をトコトン知り尽くしたベテランナビゲーターの案内で
太陽が西の空へ傾き始める夕方から大文字山に登ります!
山頂に着く頃には…あたりはすっかり暗くなっているはず。
昼間には見ることのない,大文字山で暮らす動物たちの気配や動き,鳥たちの鳴き声などを五感をフルに使って感じます。
火床から京都市内の夜景を一望しながら,京都の夏の夜を涼しく過ごしましょう。

■日程
7月12日(土)17:00~22:00
※市営銀閣寺駐車場に集合・解散
■行先
大文字山周辺(京都市左京区)
■参加費
22歳以下500円/23歳以上800円
■ナビゲーター
安田陽介さん(「大文字山を食べる」著者)
■定員
15名(7/10まで,先着順)
■対象
京都市内に在住・在勤・通学先のある高校生年代から30歳までの青少年

昨年の様子はこちら
非常に珍しい「粘菌類」を発見!
Imgp2858_blog

火床より。だんだん暮れゆく景色を眺めます。
Img_20130706_191050_blog

徐々に暗くなっていきますね。
Imgp2874_blog

夜景もばっちり!
Imgp2876_blog

興味・関心のある方は,ぜひ北青少年活動センターまで。
お申込み,お待ちしております♪

2013年7月 7日 (日)

自然に親しむ事業②「大文字山ナイトハイク」に行ってきました!

「大文字山を食べる」著者の安田さんにガイドを依頼して,大文字山の自然を感じてきました。

沢を歩いてシャワークライミングのよう。ちょっとした冒険気分です。

Imgp2828_blog

Imgp2837_blog

草木を鹿が食べた跡。きれいに鹿の背丈あたりまで食べられています。

Imgp2840_blog_2

 

ちょっと険しいですが,月待山へ入ります。

Imgp2845_blog

キノコ発見!食べられます!お味は…?

Imgp2853

粘菌を発見!細菌などの有機物を食べながら成長して,大きくなったり,形を変えて時速数センチで移動するそうです。不思議な生き物です。

火床に到着したのが日没直後の19時過ぎ。

次第に暗くなる街並みと,夜景を堪能しました。

19時すぎ

Img_20130706_191050_blog

19時半過ぎ

Img_7239_blog

20時過ぎ

Imgp2876_blog_2

今回は少人数でしたが,のんびりと自然観察をしたりする中で,
ぞれぞれ,何かしらかの新たな発見がありました。

Imgp2874_blog

大文字山は,気軽に登れる身近な山ですが,じっくり見れば見るほど,

いろんなところに,いろんな楽しみや発見があります。

またひとつ,山の楽しみ方が増えました。
(Wrote:;6G)

2013年6月29日 (土)

自然に親しむ事業①「田植え体験しませんか?」をやってきました!

6/23(日)に,岩倉の田んぼで田植えをしてきました。

まず最初に,講師から日本の農業についてのお話しをしていただきました。

Imgp2455

「ほんの数十年前までは,野菜や米は各家庭で作られていて,農業は身近なものだったけど,今ではずいぶん変わってきた。」

「私たちが口にする作物も,誰かが作っているということを忘れてはいけないよね。」

というお話を聞いて,

『たしかにそうだよな』

『食べ物は大事にしないとね』と改めて実感しました。

そして, いよいよ田植えをスタート。

稲の持ち方,植え方を教えてもらって,実践!

Imgp2453

みんなが横一列に並んで,マークを目印に一斉に植えていきます。

Imgp2459

列植えたら,一歩下がって,また植えて…の繰り返し。

下がるときには,自分の足跡を消しながら下がらないといけません。

目印のヒモに合わせて,丁寧に植えていきます。

Imgp2481

最後に残った所は目分量で。

Imgp2471

できたー!

Imgp2488

午前中2時間,午後からも2時間,ずっと前かがみの体制…。

かなり足腰にこたえますが,これから育っていってくれるのが楽しみです。

Wrote:66G

2012年11月 6日 (火)

自然に親しむ 第3だん!!

 こんにちは

  「水尾のゆず満喫プログラム♪」します

 

    日時は,11月24日(土)JR保津峡駅9時集合,午後4時半解散予定。

    参加費は500円(バス代・保険代込)

    申し込みは 11/20(火)までです

      平安時代から御所にゆずを届けていたという水尾地域(右京区)で

      ゆず絞り体験をします。当日は,自治会の方に案内していただきます

      ゆずをたっぷり満喫,リフレッシュできます

      詳細は気軽に聞いてください

       おまちしています~(み)

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ